2009年02月28日

1.25ピースウォークでのスピーチ翻訳

アレ・オマールさん(在日エジプト人)
日本語訳 百万人署名運動兵庫県連絡会
 
イスラエルのガザに対する残酷で不正義の戦争によるすべての犠牲者を弔うた
めに集まっていただき、ありがとうございます。
 この戦争はまたもや、人間性のすべての意味を破壊しました。この戦争はイス
ラエルが私たちアラブ世界の中に悪意の存在として入ってきて以来、幾度となく
繰り返されています。
 イスラエルという名のこの国は、あらゆる意味でのレイシズム(人種差別主義
)、野蛮、テロリズムの極めて明確な現れです。 私がみなさんに訴えたいのは、
いまの問題は非常に大きな歴史的な問題であり、イスラエルと世界の大国が、
巨大な陰謀によって私たちの眼を、ずっとそこからそらせようとしてきたことです。
「ガザ地区」がもともとの問題ではなく、1948年以来、私たちが返還を求めて
たたかっているパレスチナという盗まれた国のことなのです。
 ガザでイスラエルが起こした悪意に満ちた行為、1300人以上の市民―その
ほとんどが幼児、子どもであり、女性です。―その残酷な殺人は初めてではありま
せん。そのことを知っている人、知らない人に、イスラエルがおこなったすべての近
隣諸国に対する、これまでの残虐行為を見つめてほしいと思います。600人のパ
レスチナ人が自分の家で殺され、埋められた1947年のバルダイ、アルシーク虐
殺を思い出してほしい。村が丸ごと殺され破壊された1948年のディアヤシン、
1953年のケビヤ、1956年のコロケラの虐殺、1990年のアルアクサモスク、
4千人にも及ぶ人たちが殺された1982年のサブラ・サティーラの虐殺を。1
970年のバール・アルバーカ学校の虐殺では、イスラエル空軍機がエジプトの
中学校を攻撃し31人の子ども、70人の教師、労働者を殺しました。1990年のガ
ミーン 虐殺では、2週間にわたる包囲のあと村全体が破壊され、殺されたパレスチナ人
を埋めるためのたくさんの穴が掘られました。1996年のカナにおいては、109人
のレバノン人の女性と子どもが殺され、2006年にはカナは再び襲われました。
カリルの虐殺、2006年のレバノン戦争など、多くの残忍な行為がおこなわれ
ました。いまの歴史では、これらすべての所業が成功裏に達成され、誰も責任を問わ
れることなく逃げることが出来たことを語っています。 
アメリカのイラク戦争でサダムフセインは、独裁者と呼ばれ、大量破壊兵器の
存在の疑惑―のちに間違いであったことが証明された―があったために近隣諸国と
世界への脅威とされました。「疑わしいから」といって。それでは、大量破壊兵
器を持ち、それを非武装の人々に使う―その人々の罪といったら、国を守り、平和に
暮らす場所を求めている、そういう人々に向ける、そのようなテロリスト国家が国
境に存在していてはとても実現しないような願いに対して、それを使う国家というの
はどうなのであろうか。
 それは良くないことだと言いたい。アラブの人々は、世界中の人々と同じよう
に、強盗たちが彼らの土地を占領し、それをイスラエルと呼んだことを憎んでいます。
そのため私たちは、彼らとずっと戦争に置かれていました。私たちは正しい主張と
崇高な大義にもかかわらず、彼らと平和交渉をする決断をしました。交渉は30年
前に始まり、毎年のようにイスラエルから約束や合意を聞いていますが、彼らは
、ごく少しのことを除き実行しません。その上、彼らは戦争や殺戮をやめません。
どうかこの時代の歴史に戻って、注意深く見てほしい。
 最後に、次のことを言いたい。この戦争は、世界で最強の戦争マシーンの一国
が非武装の市民に対する戦争として起こしていますが、イスラエルはその目的を達
していないし、最近の停戦とは、イスラエルが非武装の人々が住む小さな土地の侵
略にさえ失敗したことの宣言です。なぜかと言えば、パレスチナ人は彼らの土地
をこよなく愛しており、そのために幸せに死ぬ用意が出来ているからです。
 私はこのことを、みなさんに大声で宣言したい。殺された人たち、殺戮された
子どもたちは、人類としての私たちすべての責任です。そして誰かが血を流すことが
求められています。沈黙はさらに血が流れることでしかありません。真実と解決は、
いまみなさんの手にあるのです。もし、みなさんが、パレスチナなの子どもの叫び
を全世界に聞かせることができるのなら…。ガザから遠く離れたところ―勇気と
誇りをもつ人々の地、日本から。
ありがとうございました。
(地名の表記などが間違っているかも知れません)

IMG_0111.JPG


ニダル・ドワイカットさん(在日パレスチナ人)
日本語訳 沖中格さん

 ようこそお集りいただきました。
 ガザとの団結に来ていただき感謝しています。最初に言っておきたいのは、パレス
チナの悲劇は2008年12月27日に始まったのではないということです。パレスチナの
悲劇は、イスラエルが建国された時に始まったのです。1948年より前の世界地図を
見れば、そこにはイスラエルという国はなく、あるのはパレスチナです。
しかし、イギリス・アメリカそして他のヨーロッパの国々がパレスチナを壊し、イスラエル
に代えたのです。
 建国されて以来、イスラエルはパレスチナの人々に集団殺りくを行っています。
昨年12月の殺りくは初めてではなく、終わりでもありません。イスラエルの前首
相ゴルダ・マエールは、「良いパレスチナ人とは死んだパレスチナ人だ」と言って
います。
 先週、「イスラエル我が家」党党首は、ガザを原爆で攻撃するようイスラエル
政府に呼びかけました。ちょうどアメリカ政府が日本の広島・長崎の人々に対してや
ったように。こういうタイプの人は決して平和を望んでいません。1300人以上の人
びとがイスラエル兵士に殺され5340人が重傷を負いました。死者のうち、417人が
こどもで、110人が女性です。重傷者のうち、1855人がこどもで、795人が女性で
す。こども・女性・老人は兵士ではありません。
 イスラエルは化学兵器のような大量殺りく兵器を使用しました。その中には、
ガザで初めて使用されたものもあります。DIMEと呼ばれるこれらの兵器は、昨年米軍
により開発されイスラエル軍に提供されました。その目的は、ガザのこども・女性・老人
にテストするためです。パレスチナの医師とともに治療にあたったノルウェー
の医師たちが言うには、イスラエル軍が使用した兵器は新兵器で、化学兵器よりも危
険度が高く、その効果は従来の兵器には見られないほどのものです。そのうえイス
ラエル軍は、一般市民の家・学校・大学・祈りの場・病院・国連事務所・消防署を
攻撃しました。
 家を破壊された人々は国連の学校に行きましたが、イスラエル軍はさらにそれ
らの学校を攻撃し、60人以上のこども・母親を殺しました。さらに国連の備蓄食糧を
攻撃しました。ガザの赤十字委員会が言うには、赤十字がまだ生きて血を流している
人がいると言ったにもかかわらずイスラエル軍は、赤十字が傷ついた人々を救助す
ることを決して許可しなかった。赤十字は、殺された母親にすがっている二人の子
どもと殺された家族を発見したが、食糧や水を持たない彼らを助けけられたのはその1
週間後だった。アメリカ・ヨーロッパ政府に聞きたい。こども・女性・老人を殺すことが自衛と言えるの
だろうか?
 私たちはここに、人間としてイスラエルとアメリカに意見を表明するために集
まって いる。犯罪をやめよ。犯罪をやめよ。全人類に対する犯罪をやめよ。
真実・人間愛のもとにここに立っている皆様に感謝します。国籍・人権・居住地
を問わず、人類に対する犯罪に反対する人みんなに感謝します。もう一度。感謝しま
す。



posted by こべっこ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

1.25イスラエルはガザ市民を殺すな!ピースウオークの報告

出発前の集会で、エジプト出身のアレ・オマールさんとパレスチナのナブルス出身のニダル・ドワイカットさんにアピールしていただきました。マイクの音が聞こえにくくご迷惑をかけましたが、過去のイスラエルの虐殺の歴史や、現在のガザのひどい状況を訴えていただきました。

photo1251.jpg


花時計前から三宮のセンター街を通って大丸前まで岡本光彰さんのギターを先頭にして、「イマジン」や「ギブピースアチャンス」を歌いながらYWCAが作った横断幕やパレスチナの平和を考える会から頂いたボード、プラカードなどを持って楽しく歩きました。

photo4.jpg


photo5.jpg


photo9.jpg


<当日配布チラシ文面>
市民のみなさん!12月27日から始まったイスラエルのガザ攻撃は、ひとまず停戦が発効しました。しかし、ガザの市民が命を脅かされている状態に変わりはありません。イスラエル軍はいまだにガザを封鎖し、市民の避難を阻止しているからです。80%が停電し、水や食料・薬など生存に必要なものを欠いています。イスラエルは何も反省していないので、いつまた大規模な攻撃が起きるかわからず、ガザの市民は不安な毎日を送っています。

「ガザの社会全体が打ちひしがれている」「白旗を掲げてその場を通過させてほしいと訴えた一族13人が全員殺された。さらにイスラエル兵は、自宅に残っていた一族15人も殺害した。」現地からのメールは、今回の攻撃がパレスチナ人の存在そのものを抹殺しようという「ジェノサイド」だったことを明らかにしています。いま必要なことは、イスラエル軍の戦争犯罪の事実を調べ、責任を追求する国際世論をつくることで、イスラエルにガザ地区への再攻撃をあきらめさせることです。ただちに封鎖をやめさせて、救援物資が入るようにしてガザの人たちの生存を保障することです。

イスラエルはすべての攻撃をやめろ!

封鎖を解除して市民の命を保障しろ!



posted by こべっこ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

1.25イスラエルはガザ市民を殺すな!ピースウオークの呼びかけ

イスラエルはガザ市民を殺すな!ピースウオーク

日時 1月25日(日) 午後2時〜4時
場所 神戸市役所北側花時計前集合(JR阪急阪神三宮駅から南へ歩7分)
午後2時〜2時30分 ピースウオーク準備
午後2時30分〜3時 集会(主催者あいさつ、在神戸エジプト人のアピール、
日本政府への要請文採択、ウオークの注意など)
午後3時10分 ウオーク出発。北進し、三宮センター街を西進、JR元町駅南を
南進、大丸東北角にて解散

参加される方はできるだけ、プラカードやボードなど通行人が目で見てわかる
アピール物を用意してください。
マイクで歌やアピールをしながら歩道を歩きますので、ギターや太鼓など鳴り物
歓迎です。

よびかけ 
KOBEピースiネット(連絡先 高橋090‐3652‐8652 dfadl300@kcc.zaq.ne.jp)
神戸YWCA(連絡先 佐治078−231‐6201 office@kobe.ywca.or.jp)

よびかけ文

市民のみなさん!12月27日からイスラエル軍は、150万人が住むパレスチナ
のガザ地区を封鎖して攻撃しています。空爆が今なお続き、地上軍も入り、官
庁やモスク、民家や国連運営の学校、救急車までが攻撃され、安全な場所など
ありません。死亡者はついに1000人を超えました。

イスラエルやアメリカ政府は、この虐殺を昨年11月に始まったハマスのロケット
攻撃というテロのせいにしますが、ウソです。イスラエルは昨年6月から今回の
軍事作戦を準備しています。2007年6月からガザ地区を封鎖して、電気・水道
・食糧などのライフラインを奪っています。イスラエルは60年前の建国以来、パレ
スチナ人を追い出して占領を拡大し、パレスチナ人を迫害し続けています。
そもそも暴力でテロがなくならないことは、イラクの状況を見れば明らかです!

12日に開催された国連人権理事会は、イスラエルを非難する決議を採択しまし
た。しかし日本政府は棄権しており、イスラエルの開き直りを許しています。
日本政府に、イスラエル非難の立場を取らせることが、どうしても必要です。

私たちは1月8日にまちかどアピールを行いました。http://kobeinet.seesaa.net/
9日には在神戸イスラエル国名誉領事館に申し入れしましたが、イスラエルの
虐殺が続いているため、再びアピールすることにしました。

150万人の人たちが死の恐怖のもとで、すでに3週間も閉じ込められています。
私たちは同じ人間として、黙って見過ごせません!

1月25日、いっしょに神戸のまちを歩いてアピールしましょう。
日本政府に、イスラエル政府やアメリカ政府への抗議を求めましょう。
posted by こべっこ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

1.8イスラエルはガザ市民を殺すな!まちかどアピール報告



日時 1月8日(木)午後7時〜8時
場所 JR三宮駅中央改札北側 案内板前
内容 ガザ市民の虐殺に抗議するチラシを配布
    スタンディングをしますので、通行人が見てわかるようなボードや
    プラカードを持ってきてください。キャンドルもできればご用意ください。
    駅管理者の妨害を考えて、拡声器は使いません。
    アコースティックギターの持ち込み歓迎。
よびかけ KOBEピースiネット http://www.kcc.zaq.ne.jp/lovepeace/
      神戸YWCA http://www.kobe.ywca.or.jp/top.htm


(当日配布チラシ表文面)
イスラエルはガザ市民を殺すな!
わたしたちは、パレスチナYWCAがよびかけた1月8日世界同時行動に呼
応して、神戸からアピールしています。
まちかどアピール
 皆さんご存じのように、12月27日からイスラエル軍が150万の人々がひしめく
ガザ地区を攻撃しています。空爆に始まり地上軍も入って、パレスチナ自治政府
の官庁やモスクそして民家や病院まで手当たり次第に攻撃し、人々を殺していま
す。神戸市民とほぼ同じ数の人々が、死の恐怖のもとでこの2週間を過ごしてい
るのです。こどもたちでさえ、死への恐怖のために夜になっても眠れないというニ
ュースが入っています。
 イスラエルもそしてアメリカ政府も、この虐殺を昨年11月から始まったハマスの
ロケット攻撃のせいにしますが、ウソです。イスラエルは6か月前から今回の軍事
作戦を準備しています。1年半前からガザ地区を封鎖して、電気・水・食料などの
ライフラインを奪っています。60年前の建国以来から一貫して、国連などの勧告
を無視して占領を拡大し、国際法違反を繰り返しています。そもそも、暴力でテロ
がなくならないことは、イラクの状況を見れば明らかです!
今起きていることは、戦争ではありません!
無法国家が一方的に、ライフラインを脅かされた
市民を封じ込めて、殺しているのです。

呼びかけ団体
●KOBE ピースi ネット(
 <KOBE ピースi ネットは、イラク戦争反対のピースウオークを神戸で開催してき
たネットワークです>
●神戸YWCA(
 <YWCA は、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現する国際NGO
です>

(チラシ裏文面)
日本政府は、
イスラエル当局を国際刑事裁判所に告発してください!
アメリカ政府にも抗議してください!
 日本政府はガザ地区への9 億円の緊急支援を決めましたが、それだけでは虐
殺は止まりません。無法国家であるイスラエルに虐殺をやめさせるためには、国
際刑事裁判所(ICC)に訴追し、国際的な圧力を作る必要があります。国連人権
理事会のパレスチナ地域特別報告者リチャード・フォーク教授は、集団懲罰・民間
人の殺害・過度の軍事的対応を挙げて、イスラエルの行為が人道に対する罪や
戦争犯罪になることを証言しています。日本政府はICC に裁判官を派遣しており、
人権理事会の理事国でもあります。イスラエルの犯罪をICC に訴追し、各国に協
力を要請するべきです。とくにイスラエルを擁護するアメリカ政府に対しては、強く
抗議することが必要です。
国際刑事裁判所(ICC) とは? (Wikipedia より引用)
目的は、国際関心事である重大な犯罪について責任ある個人を訴追・処罰する
こと。2008 年8 月現在の締結国は、108 カ国(日本は2007 年7 月加入) で、ア
メリカもイスラエルも加入していない。しかし、イスラエルと同じように加入せず反
対し続けているスーダンに対してもICC は、2007 年5 月に現職閣僚を含む2 名
に逮捕状を発行し追及している。
ー 私たち市民にできることはいっぱいあります ー
ガザ虐殺の事実をひろめましょう。抗議や要請のFAX・メールをおくりましょう。
現地で奮闘するNGO に支援カンパを送りましょう。
世界の市民と連帯して虐殺をやめさせましょう!
抗議先
●イスラエル大使館(ニシム・ベンシトリット駐日大使)【FAX】03-3264-0792
●在神戸イスラエル国名誉領事館(三宗司朗名誉領事)
 〒650-0004 神戸市中央区中山手通5-2-3 扇都センタービル4 階 兵庫県
庁1 号館山側
※9 日11:00 に申し入れ
参加希望者は役重(090‐9273‐4316)まで連絡を
●アメリカ大使館(J・トーマス・シーファー駐日大使) 【FAX】03-3505-1862
要請先
●麻生太郎首相 国会事務所  【FAX】03-3501-7528
●官邸「ご意見募集」  http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
●中曽根弘文外相 国会事務所【FAX】03-3592-2424
支援先
●日本国際ボランティアセンター(JVC)  http://www.ngo-jvc.net/
●パレスチナ子どものキャンペーン http://ccp-ngo.jp/
posted by こべっこ at 23:39| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。